脇の黒ずみ 美白

MENU

脇の黒ずみ 美白

脇の黒ずみをケアする際、美白化粧品を用いられる方がいらっしゃいますが、実際のところあまり効果がないことをご存知でしょうか?

 

これは、私自身がかつて、「美白」というものを大いに勘違いていた点なのですが、いまだに友人と話をしても意外と同じ勘違いをしている人が多いのです。
美白化粧品はシミを何とか消してくれるもの・・・と思いこんでいるんですよね(>_<)

 

でも、それは間違いです!( `ー´)ノ

 

多くの美白化粧品は、シミを消してくれる効果はほとんどありません(>_<)なぜなら・・・

 

 

そもそも、黒ずみの原因となっているのは沈着してしまったメラニンであり、黒ずみを取り去る方法は、このメラニンを薄くしていくか、メラニンが沈着している肌をターンオーバーで排除し新たな皮膚を再生するか・・・なのです。

 

 

当サイトでおすすめしている黒ずみケアクリームは、主に後者の考え方を踏襲しているものです。
ダメージを受け肌の再生機能であるターンオーバーが滞ってしまった黒ずみ肌に対し、保湿と栄養補給を行なうことで肌機能を回復させ、ターンオーバーを促進することで黒ずみを排除しようというもの。
もちろん、そこには美肌成分・美白成分の他、ニオイが発生しやすい脇という事情を考慮して抗菌成分も配合されており、実にバランスの取れたケアクリームです。

 

当サイトイチオシのケアクリームは薬用アットベリージェルは、まさにそういった効果が極めて高い良質なクリームですね。

 

 

しかし、前者の「メラニンを薄くする」という考え方でケアするならば、より効果的な美白成分が必要です。

 

 

ただし、ここが問題です!

 

 

美白成分には、「できてしまったシミを薄くするもの」「これからシミができないように予防するもの」の2種類があるのです。

 

先に「あまり効果がない」といった美白化粧水は、後者の予防的美白に属するものだからです。
ご使用になっている場合は、その美白化粧水の成分を確認してみて下さい。下記の何れに該当するでしょうか?

 

○できてしまったシミを薄くする成分
   ハイドロキノン

 

○これからできるシミを予防する成分
   ビタミンC(ビタミンC誘導体)、アルブチン、エラグ酸、コウジ酸
   ルシノール、リノール酸、トラネキサム酸、プラセンタエキスなど

 

このように、シミを薄くしたい=沈着したメラニンを淡色化したい ならば、ハイドロキノンが配合された美白化粧品を用いる必要があるのです。

 

せっかくや少ない化粧品を購入してケアするのですから、効果が期待できるものでケアしたい。
間違いたくない部分ですよね。

 

なので、やみくもに「美白化粧水」に飛びつくことなく、慎重に成分を確認してから購入するようにしてみて下さい(*^-^*)

 

 

因みに、ハイドロキノンは「ハイドロキノンクリーム」として皮膚科で処方してもらうことができますが、効果が高い成分のため、濃度の問題で赤くかぶれたりヒリヒリしたりするなど皮膚に炎症を起こす場合があります

 

なので、敏感肌の方は不向きですし、デリケートな部分のケアにこのハイドロキノンクリームを使用することは私は怖くておすすめできません

 

 

使われる場合は、効果があるが副作用が起こらないと検証結果の出ている、ハイドロキノン配合化粧品をご使用になって下さい(*^-^*)

 

おすすめは「ビーグレン ホワイトクリーム1.9」です。

 

★ビーグレン「ホワイトクリーム1.9」

脇の黒ずみ 美白

漂白型美白成分ハイドロキノン配合のクリーム
特許取得済みの浸透技術を持つサイエンスコスメ「ビーグレン」の美白プログラムの一品です。
キューソームという独自技術で浸透しにくいハイドロキノンをターゲットとするところまで届けることを実現
無添加・低刺激の医薬部外品なので敏感肌の人も使用OKです♪

 

24時間体制の電話サポートサービス365日返金保証制度がついているので、安心して試せますよ!

単品の価格

評価

備考欄

6,000円

365日間全額返金保証付き

 

脇の黒ずみ 美白