脇の黒ずみ 皮膚科

MENU

脇の黒ずみ 皮膚科

脇の黒ずみをとる方法として、皮膚科で治療を受ける場合、なされる施術の代表は「レーザー治療」です。
レーザートーニングという言い方もされますね。

 

これは、おおまかに言うと、レーザーを黒ずみ部分に照射することで、沈着を起こしているメラニン色素を破壊したり、レーザーによる熱伝導を利用して毛穴の詰まりや汚れを分解除去したりする方法です。

 

 

使われるレーザー機器は最新のもの多く、具体的な機種は各クリニックによって異なるようですが、主流になっているものが「QスイッチYAGレーザー」です。

 

「QスイッチYAGレーザー」は、部分的にできた濃いシミやホクロを、ピンポイントで消してくれるレーザー治療です。
シミやホクロの原因であるメラニン色素のみに反応するレーザーなので、健康な肌を傷付けずにシミ・ホクロを除去します。しかも施術効果が高いので、ほとんどのシミ・ホクロが、1回の施術でしっかりと消すことが可能。気になるシミやホクロをポイントケアしたい方にオススメの治療法です。

 

評判のQスイッチレーザーは、高出力で照射時間が非常に短いことを特徴としており、正常組織へのダメージを最小限に抑えながら限局的な色素除去治療ができるということで、黒ずみ専用クリームでは効果の出なかった方の最終的な治療として人気がありますね。

 

 

これらは医療行為に定義付けられるものなので、皮膚科や美容外科といったクリニックでしか受けられません。
効果の面では、数ある方法の中で最高のものと言えるかもしれませんね。

 

しかし、残念なことに費用がかなり高額です。細々した点は使用されるレーザー機器や各クリニックによって異なりますが、だいたい1回の通院で10,000〜15,000円程度、高額なものだと1回50,000円もかかります。しっかりとした効果を求めるならば最低でも5〜10回は受ける必要があるので、トータルでは100,000〜500,000円もかかってしまうということですね。

↓     ↓     ↓

○シロノクリニック
症例数13,000以上の実績 シロノクリニック

 

 

 

○ガーデンクリニック
ガーデンクリニックのタトゥー・刺青除去

 

 

 

これはかなりの負担・・・。なので、最終的にはレーザー治療でしか解消されない脇の黒ずみもあるかとは思いますが、まずはトップページの脇の黒ずみ クリームにあるように、市販されている「脇の黒ずみ専用クリーム」での自己ケアをおすすめしたいと思います。

 

【当サイトおすすめ黒ずみ対策クリーム】

アットベリー

脇の黒ずみ 皮膚科

黒ずみ・保湿のトータルケアを行う薬用ジェル。
内側にはナノ化した美容成分が角質層に浸透、また外側においては高分子成分が肌を保護。
低刺激性処方で敏感肌の人もOK
<主成分>
コラーゲン・トレハロース・ヒアルロン酸・甘草フラボノイド・プラセンタエキス・エラスチン・セラミド・桑エキス・天然ビタミンE

定期プランでの価格

評価

備考欄

5,440円→2,980円

180日間返金保証付き

 

 

脇の黒ずみ 皮膚科

 

 

※実際に使ってみたレビュー記事もこちらにございますのでご参照くださいませ(^^♪

 

 

ピューレパール

ピューレパール

最高級の美肌成分を凝縮させた、脇の黒ずみケア専用ジェル。
ナノ化成分なので厚い角質層にも浸透します。
美白成分を超高濃度で配合
無添加・低刺激の医薬部外品なので敏感肌の人もOK
<主成分>
ビタミンC・天然ビタミンE・グリチルリチン酸ジカリウム・コラーゲン・トリプルヒアルロン酸・プラセンタ・米ぬかエキス

定期購入時の価格

評価

備考欄

2,750円

永久返金保証付き

 

脇の黒ずみ 皮膚科

 

 

※実際に使ってみたレビュー記事もこちらにございますのでご参照くださいませ(^^♪

 

 

イビサクリーム

脇の黒ずみ 皮膚科

デリケートゾーンの黒ずみケア専用クリーム。
2つの薬用成分と8種類の潤い成分が黒ずみを薄くし、肌荒れも防止
5つの刺激フリーの医薬部外品なので敏感肌の人もOK

 

 

<主成分>
トラネキサム酸・グリチルリチン酸2K・サクラ葉抽出液・カモミラエキス・ダイズエキス・オウゴンエキス・ヒアルロン酸ナトリウム・シロキクラゲ多糖体・乳酸ナトリウム液・ローズ水・グリセリン・BG・1,2ペンタンジオール・1,2ヘキサンジオール

定期購入時の価格

評価

備考欄

4,470円(初回クレジット払)

60日間全額返金保証付き

 

脇の黒ずみ 皮膚科