脇の黒ずみ クエン酸

MENU

脇の黒ずみ クエン酸

脇の黒ずみを改善するケアアイテムとして、クエン酸を使う方法があります。
・・・それは「ピーリング」。
古い角質を除去することで代謝を促し、肌の再生を図るスキンケアですね。

 

これは半ば強制的に肌のターンオーバーを起こさせる方法ともいえます。

 

そもそもピーリングといえば、まずクリニックで行なう「ケミカルピーリング」を思い浮かべますよね。
クリニックで行なうケミカルピーリングでは、主にグリコール酸やサリチル酸、乳酸などの薬液が使われ、余計な角質を柔らかくし、剥離することで、新しい肌の再生を促します。
それも、個々人の肌の状態や悩みに応じて薬剤の濃度を調整し、適正な濃度や方法でピーリングを行なってくれます。

 

このピーリングという方法は、シミ対策や毛穴の開き、黒ずみ予防などに有効で行なう人が多いのですが、それ以外にも、肌トラブルのない方でも加齢と共に低下するターンオーバーを促進させ、肌の抗加齢に役立つので定期的に行なう人が多いのです。

 

 

そのピーリングを家庭で行ないます!(^^)! 
それがクエン酸を使う方法です♪

 

<準備するもの>
クエン酸(スーパーやドラッグストアで売られています) 大さじ1に対し、90m

 

<作り方>
容器に材料を入れて、よくかき混ぜて溶かし、クエン酸水を作るだけです。

 

<ピーリングのやり方>
黒ずんでいる部分に万遍なくクエン酸水を塗り、5分ほど放置してからきれいに洗い流すだけ。
コットンにしみこませてペタッと貼ってはさむと簡単ですよ(*^-^*)l

 

<ポイント>
クエン酸水をきれいに洗いがなした後は、必ず保湿成分がしっかり配合されている美容液やクリームで保湿ケアを行ないましょう!
ピーリングのやりっぱなしでは肌が乾燥してしまい、せっかくの効果が台無しですよ(;_:)

 

この自宅で行なう簡単ピーリング。週1回程度のお手入れがいいようです。やり過ぎはよくないとのこと!
というのも、あくまでもピーリングは古い角質を剥がすもの。それなりに肌に刺激を与えるものなので、クエン酸水をつけたとき、ちょっと肌がピリピリするかもしれません。
通常はクエン酸が残らないように洗い流せば治まりますが、特に肌の弱くて心配・・・という人は控えた方がいいかも知れませんね。

 

 

因みに、自分で作るピーリング以外にも、調合されたピーリングクリームは販売されています。
ワキピカピーリングクリーム」などがそれですね。

 

市販のものはトラブルを起さないようマイルドに製造されているため、効果としては肌を柔らかくしたり、皮脂が毛穴に詰まってできる角栓をとるなど、ディープクレンジング程度といわれています。
自分ででクエン酸水を作るのが面倒・・・という方は、こういった商品を利用してみて下さいね!(^^)!

↓     ↓     ↓

ワキピカ ピーリングクリーム

 

 

 

その他、重曹で行なうケアにも同様のピーリング効果があります。